英語ができるとこんないいことがあります



 
 

 英語ができるとこんないいことがあります

一昔前であれば、英語ができればそれだけで貴重な存在だと思われたものです。 国際化が進んだ今、英語は出来て当たり前だとも言われています。


しかし、英語ができる日本人は全体で見ればまだまだ少数派ですので、英語を使える人は今でも重宝されているようです。


駅などの人が多く集まる公共の場所には英会話スクールのポスターがたくさん貼られているのを目にしますし、求人票を見ても英語ができる人を求めている企業が多いような気がします。


世界的に見ても日本ほど英語ができない国も少ないようですね。 英語を母国語としない国はたくさんありますが、それでも第二外国語として英語くらいは話せる国が非常に多いです。


ヨーロッパ諸国では母国語が英語に近いこともあって、かなりの割合で英語を話します。 例えば、スポーツの大会で優勝したヨーロッパ選手のインタビューを聞いていても、英語を普通に話します。


ヨーロッパ諸国以外の国でも同様です。 中国や台湾、韓国やシンガポールなどの国も英語を話せる人は多いです。


日本にもたくさんのアジア人が観光で訪れていますが、彼らの多くは英語を話します。 多少の訛りは国によってあるかもしれませんが、それでも意思疎通ができるだけの英語は話せるようです。


それに比べると日本人は相当遅れているような感じがします。 同じアジアの国なのにどうしてこれだけの差があるのか不思議に思います。


先進国である日本がこれだとちょっと恥ずかしいのではと思ってしまいますよね。 過去のことを言っても仕方がないので、これからは普通に英語ができる国になるような対策が必要でしょう。


英語教育も小学校から始まっているようですし、これから少しずつ変わっていくのでしょうか。


どの地域に住んでいても、どの言語を話していても、英語が世界共通語であることは変えられませんので、やっぱりマスターしないといけませんね。



日本語と同じくらいとはいかないまでも、最低限のコミュニケーションが取れるだけのレベルは身に付けないといけないと思います。



少しずつ今できることをやっていきましょう。




Copyright © 2013 英語ができるとこんないいことがあります All rights reserved.